心の中の光と闇の配分

ブログ

心の中の光は何パーセント?闇は何パーセント?

心の中にある、光の部分と闇の部分、その割合ってどのくらいだと思いますか?

実はその割合は、人によって違います。

光の部分が過半数以上の人もいれば、闇の部分が大半を占めている人もいます。

それは、もともと持っている光の種と闇の種の量の配分も、もちろん大きく関係していますが、

たとえ光の種よりも闇の種が多くあったとしても、光の部分をひろげれば、

闇の部分は小さくなると思っています。

光の種も闇の種も元々持っているものなので、それがあるだけでは特に影響はありません。

ところが、あるきっかけで闇の種が発動してしまうと、その闇の部分は大きく花開き、

光の領域が闇に押されていってしまいます。

でも、もし闇の種が発動していない状態で、光の種が発動すると光の花が咲き、

闇の部分は光に消されて見えなくなっていきます。

けれど、闇の種は、割と高確率で発動してしまいますが、光の種を発動させるのは簡単ではありません。

光の種は、本当に心から人のことを考え、人のために行動していくことが必要だからです。

 

光の領域を広げる秘策?

最近、ふと思ったことがあるんです。

光を発動すること以外にも、光の領域を広げる方法があるのではないかと。。

人の心の中は陰陽マーク☯のようにくっきり白と黒に分かれているわけではありません。

光でも闇でもない部分があるんです。いわゆる、グレーな部分です。

白でも黒でもない、どちらの要素も入っているような部分です。

それは、闇に影響されると黒く染まり、光に影響されると白くなるんじゃないかと

思いました。

自分の中のグレーな部分、光でも闇でもない部分を見つけたら、

それを光に変えていくことをしていけるのではないかと思うんです。

どうやってやるのかというと、やり方は、光の発動の方法と同じなんですけどね^^

光を発動させることへの取り組みを続けていくことで、同時に

闇でも光でもない部分を光へと誘導していけるような気がしました。

つまり、何もしないより、発動まではまだ届かなくても、確実に光の部分を増やしていける

ということです。光が強くなれば、闇の領域は狭くなります。

闇の勢力が小さくなれば、発動しにくくなります。

みんなの心の中の光の領域が広く広がればいいなと思います♪

 

 

コメント