エネルギーに敏感ではないことについて

ブログ

 

わたしは、小さい頃から空想するのが好きで「自分のワールド」のようなものがあった気がします。

でも、とくに霊感などはなく、霊を見たこともなければ、感じたこともありませんでした

電気を消して眠れないくらい、ものすごく怖がりだったので、そんな自分をラッキーだと思っていたんです。

でも、スピリチュアルの世界に足を踏み入れてから、気持ちが変化していきました。

見えないし、感じないのが残念だった以前の私

スピリチュアルに興味を持って、ペンデュラムを習ったあと、エネルギーワークも習って、

でも自分のエネルギー状態が変わったのかどうか、などはわかりませんでした。

毎日、ルーティンの調整で波動をあげたり、エネルギーワークをしたりを続けて行けば、

少しづつエネルギーを感じるようになってくるのかと期待していました。

自分も敏感になるのかなとワクワクしながらも時間だけが経っていき、

でも、なーんにも感じない自分。。

当時のわたしは、「もっとエネルギーを感じれるようになりたいっ!」って思っていました。

あんなに、幽霊怖いし絶対にそんなの見たり感じたりしたくないっ!って思っていたのに。^^;

エネルギーに敏感になってくるかもって書いてあったので、思いきってレイキセミナーも

受講しました。でも、とくに変化がみられませんでした。。

スピの訓練会でも、よく敏感な方がおられました。

オレンジさん

あれ、なんか頭が重くなってきた・・

ちょっと突っ伏してもいいですか・・

みどりさん

うわーーめっちゃ眩しい!!

○○さんの横に○○が来ています

オレンジさん

いたたたた。肩のあたりが突然痛くなってきた。

何かのお知らせみたいです。

 

頻繁に何かを感じておられて、いつもわたしだけが、

音心
音心

??・・み、みなさん、大丈夫ですか?

のような状態でしたw

そして、実は、そのことを残念に思っている自分がいました。

敏感で体調をくずしたり、日常生活さえも辛くなっている人がいるのに、、。本当にごめんなさいっ(>_<)

自分がエネルギーに敏感でないことや見えないことを、きっと「自分は能力が欠けている」と

捉えていたんですね。

ところが、いろいろあったおかげで、そんな考えはなくなりました

というか、気づいたんです。

「見えない」のではなく「見ないようにしている」、

「感じない」のではなく、「感じないようにしている」、のだということに。

 

それぞれ得意なことをやっていけばいいのだ

私だけではなく、日本人はみんな大昔はエネルギーを感じることが普通で、

今、見えないものも見えていたんだと思うんですよね。

私の場合は、大昔にとても敏感だったようねで、そのことをとても負担に感じたようです。

なので、自分で「見えないように、感じないように」閉じてしまったようでした。

書き換えしてみましたが、すぐに今の状態が変わるということはないようです。

変わるかどうかもわかりません。^^;

そのような感覚を思い出すことも大切かもしれませんが、それよりも今は、

人それぞれに今得意なことがあって役割があるから、それを磨いていけばいいのかなって

思っています。

これから、新しいことに目覚めるかもしれないし、今のままかもしれない。

でも、なんにせよ、役割をはたしていくことが、人の幸せにつながるのであれば

何でも構わないですよね^^

 

RPGゲームのパーティのように

それは、まるでロールプレイングゲームの中に出てくる職業やジョブのように

  • エネルギーワークが得意な人
  • エネルギーアートが得意な人
  • チャネリングが得意な人
  • ヒーリングが得意な人
  • 動物の気持ちがわかる人
  • オーラが見える人
  • 画像や映像がみえてくる人
  • 声や音が聞こえてくる人
  • 言葉が浮かんでくる人

などがいて、それぞれの特徴を活かしながら連携を取って天界の仕事をやっていく。。

1人1人がその役割を果たして、磨いていけば、1+1が5や10にもなる。

1人では困難な課題も、協力すればクリアすることが出来るんだと思います。

みんなそれぞれ、身につけている能力や技法も違い、装備している武器や防具も違うけど、

目指している場所は同じだと思います

そんな愉快な仲間たちと、必ず、その場所に行きたいと思います!^^

 

 

コメント