占い師 トライアンジュの母 音心

ブログ

今年に入って感じていた「占い」の感覚

今年に入ってから、少しづつ少しづつ、

「占いをやっていく」という感覚が湧いてきていました。

私のレギュラーメニューの中にある【相談の占い】は、

相談メインのセッションに、言い方はアレですが、

おまけ的に占いをセットしたものです。

パワー・オブ・ライトのうらない(Power of Light Divination)
パワー・オブ・ライトのうらない この占いは、 私が相談者さまのお話をお聞きし会話をしながら今現在の問題や状況を確認させていただき、 どのように問題ごとを解決していくか、現状を良い流れに持っていけるかを 大地(地球)のエネルギーを...

なぜ、そのようなメニューにしたかというと、

やはり私のやりたいこととしては

「お客様とお話すること」「お客様の心を知ること」

がメインになってくるからです。

「占い」の部分が表に出ると、

「当たっている、当たっていない」がメインになってしまうと

思ったことも理由の1つです。

私にとって、占いは「当てる」ことが目的ではないと思っているし

お客様にもそのことを知ってほしいなと思っています。

占いは当てることが大切ではない

なぜ「当てる」ことが大切じゃないかというと、

表層意識が認識している過去や現状を

占っている側が言い当てたところで、

お客様が良い未来へと進まれるわけではないからです。

例えば、お客様自身が認識していない現状を

占いで実際言い当てたとしても、

お客様にとっては「当たっていない」と感じることに

なってしまうからです。

大切なのは、お客様が自分の現状を認識できること、

そして、それまでの過去の現実を作り出してきた

自分の心の状態を知ることなんです。

感覚にしたがって「占い師」の方向へ

さきほども言いましたが、今年に入って

徐々に「占いをやっていく方がいい」という

感覚が強くなっていきました。

でも、現実的にどうやっていくか見えないまま

時間が過ぎていきました。

けれど、そんな中でもなぜか、

「ちゃんとカード占いをやってみよう」

という感覚が湧いてきたので

思い切ってYouTubeライブ配信で占いをやりました。

そして、ふと「名刺を作った方がいい」という

感覚がしてきてデザインを作成しました。

そして、今度は、

「外で占いをやる」という感覚がして、

これにはちょっとビビりましたが、

外部のイベントに参加することにしました。

急いで名刺をオーダーし、イベント参加への準備を

しました。

初めての単独外部占いイベントへの参加

今回、「占い師」として初めて単独での

外部イベント参加でした!

「きっと物凄く緊張するのかな?」と思っていたのですが、

意外なことに全くリラックスしたままの状態でしたw

そして、会場に入ると、

他の出展者の方々が気さくに話しかけてきてくださり、

さらに楽しさが増しました✨

そこで色々な情報をいただけたり、学ぶことも出来ました。

自分の中で、占いをしたほうがいいとなったこと、

そして、いきなりライブ配信で個人鑑定をしたこと、

名刺をデザインしておいたこと、

外部のイベントに参加した方がいいとなったこと、

すぐに検索で会場を見つけたこと、

などが全てつながった気がしました✨✨

本当に、貴重で楽しい時間を過ごすことが出来ました🌈

私とイベントで出会ってくださった皆様、

ありがとうございました🌸

あえて占い師(diviner)としてやるということ

今回のイベントで、いろいろな面で少しですが、

自信をつけることが出来ました✨

 

『たくさんの人に自分の心の中の光を感じて

それを強くしながら心豊かに自由に生きてほしい✨』

 

という願いを

もう、今の私は持ってもいいんだと感じました🌈

なので、これからDiviner(占い師)として

外でも光のお仕事をやっていきたいと思います(^_-)-☆

今後とも応援のほどよろしくお願いいたします🌈

 

音心

コメント