【Justice】2つの正義・闇の正義と光の正義

ブログ

Justice『正義』とは?

先日、ふと浮かんだ言葉がありました。

それは、<Justice>という英語のワードでした。

日本語の意味は、『正義』です。

「正義ってどういう意味だろう?」そう思った瞬間、

今度は『光の正義』という言葉が浮かびました。

今日は、この言葉をリーディングしてみようと思います^^

光の正義と闇の正義

光の正義があるということは、闇の正義もあるのかなと思い、

確認するとYESとなりました。

光と闇、その2つの正義があるようです。

闇の正義

【闇の正義】ってどういうものだろう?と思ってみると、

ワーワー怒っている人たちのイメージが浮かびました。

自分たちの【正義】にそぐわないものに対して、強く反発している感じです。

「こうあるべき」「こうでないといけない」という自分達のルールにのっとり、

それに反したものに攻撃を加えている感覚がしました。

攻撃を加えている自分達は「正しいことをしている」と思っている感じです。

これらは、私が以前、自分の闇に向き合っていたときに出てきたものだなと

思いました。

社会のルールを守らない人は「悪い」と決めつけていたのです^^;

そうやって人をジャッジすることを良しとしていた闇が自分の中にありました。

道にタバコの吸い殻をポイ捨てする人や、電車の中で迷惑行為をする人などに

ものすごく腹を立てていました^^;

光の正義

闇の正義は、理解しやすいのではないかと思います。

では、光の正義とはどんなものなんでしょう?

みると、光の正義のイメージが浮かんできました。

それは、文字通り「光」を持っているイメージです。

その光で、自分の足元や少し先を照らしています。

隣に光が弱くて足元がおぼつかない人がいると、自分の光を強くして、

その人の足元を照らしてあげる、というイメージが見えました。

そこに制限されている感覚はなく、自由な感じがしました。

正義も概念の1つに過ぎない

「正義」とは、人間が作った概念の1つです。

国や文化、宗教などの背景が違えば、そこにある正義も違ってきます。

自分の思っている正義が絶対ではない、ということですね^^

闇の正義のほうは、【武器】という感じで、それを振りかざして

人を攻撃してしまう危険性があります。

でも、光のほうは、武器ではなく、強いていうなら【アイテム】という

感じでしょうか。。

攻撃に使うのではなく、自分や人を助けるために使う感じですね。

光の正義を多くの人が身に着けられたらいいなと思いました♪

 

コメント