愛についての認識を訂正させていただきます

ブログ

愛について

以前、愛について記事を書いたことがあるのですが、

その時は、本当の愛がわかっていないまま主観で書いていました。

愛とはこういう感じというあいまいな書き方でしたが、

その当時から愛への認識が大きく変わりましたので、

少し訂正させていただこうかなと思いました^^

そもそも「愛とはこういうもの」というその概念自体が人間が作った概念であり、

天界の目線では、「全てが愛」なのだと今は感じます。

言葉で表すことは、たぶん不可能なんです。

言葉にすると、どうしても概念を生んでしまう感じがするからです。

でも、敢えて言うとすれば、、

愛はそこらじゅうに存在していて、それに気づくか気づかないか、

ということだと思います。

つまり、愛とは与えたり与えられたりするものではない、ということです^^

形も概念もないからです。

愛に気づき、感じ取ることが、「愛を知っている」ということになるのだと

思います。

 

コメント