隠岐の島ミッションのルポ

ブログ

あっという間の3日間でした!

先日もお伝えしましたが、今回、最終的に総勢11名で2泊3日のミッションの旅へ行ってきました。

ミッションの場所は、「隠岐の島」。

ずっと1人で隠岐の島の浄化をしてきたSさん。最後の2か所は現地に行かなければならなかったようです。

そこは、日本でありながら独自の文化や風習が残り、大自然と絶妙な距離を保ちながら人々が暮らしている、

外国のような雰囲気の島でした。

1日目

8月7日午後、隠岐の島に飛行機で到着。

ホテルへ直行でミーティングをしてミッションの詳細の確認をおこないました。

そして、夜は港付近で美味しいご飯をいただき、明日に備えて就寝。

2日目

メンバーのうち、メタさんとルナさんは朝5時半起きで先にミッション開始。

全員で8時半に宿泊先を出発してミッションをおこなう場所をまわりました。

海、山、滝にも行きました。

それぞれ役割があるメンバーもいて、いろいろな場所でやるべきことを遂行しました。

ミッションを終えて

全員がライトワーカーとして仕事をしていくうえで、不要な部分を手放すために覚悟をする必要がありました。

ピリッとした中にも優しさがある場所で、各自が真剣に覚悟を決め、決意を新たにしました。

予定の時間にぎりぎり間に合い、ミッションは無事終了となりました。

ところが、3日目の未明から豪雨で大雨洪水警報が出ていて、雷がとどろき、

1日に一便しかない飛行機が欠航となってしまいました。

そのため、帰りは船とバスを乗りつぎ大阪へ、さらに電車で奈良へ無事帰還いたしました!

この3日間の間にいろいろなことを自分の中で感じることが出来ました。

今回のミッションは、いろいろなところが関係していてとても重要なものでした。

ここがゼロ地点。ここからみんなで少しづつ色々なところが「変化」していく流れをつくって

いくのかなと思います。

島に来れたこと、葛藤を乗り越えられたこと、無事に全員がミッションを終えることが出来たことに

感謝しています!

そして、今まで通り、ひたすら前を向いて進んでいきます。

豪雨が嘘のように鎮まってきた船上にて

コメント