心のヒーリング:課題(やるべきこと)や問題を修行のようにとらえる癖

ブログ

いつまでもクリアできないステージ

人生の中で、ときに問題ごとにぶち当たる時があります。

そんな時、それをただ避けて進み続けてしまうと、また同じような問題が

目の前に現れたりします。

今度は、それを自分に対しての試練だと考えて、必死で乗り越えようと

したりしますがなかなかうまくいかない、ということが起こります。

恒例の例えばなしをしますね^^

道を進んでいると、いきなり岩がドンと道を塞いでいる。

岩を避けてなんとか細い隙間を通り、また道を進み始める。

すると、今度は小さい山が現れる。

「よっしゃ!」と乗り越えて、またその道を進み始める。

すると、今度は大きな山が現れる。

「おお!今度の試練はこれかっ!」とばかりに山を登ろうとするが、

装備もなく準備も出来ないので、うまく登ることが出来ない。

ケガをしたり、迷って遭難しそうになったり、動物に襲われたり。。

 

と、そんな感じのイメージです。

ちょっと戻って確認してほしいことがあります。

最初の岩山がドンの時に、「なぜ岩山がこんなところに?」と

気にしてみるといいのかなと思います。

自分が目指している道の途中にそんなのがあったら、ん?地図にあったっけ?

または、この道で合ってるのかな?と確認してみてはどうかと思います。

自分が進んでいる方向が合っているのかなと、心を見てみてください。

もしかしたら、「そっちじゃないよ」という見えない部分からのお知らせかもしれません。

目の前に山が現れたから登るというのは、もしかしすると固定観念なのかもしれません。

勝手に試練や修行だと思い込んで、いつまで経ってもクリアできないダンジョン

グルグルしているのかもしれないのです。

問題は気づきのチャンス、課題は手段

問題が出てくることで、自分の状態やこれからどうしていけばいいかに

気づけたりします。

問題は、良い方向へいくためのチャンスととらえるといいのかもしれないと

思います。

そして、良い方向へ行くために何をどうすればいいのかが課題です。

課題は手段であって、目的ではありません。ましてや試練や修行ではないのです。

あくまで目的を達成するための「方法」なんですよね。

だから、課題が目的や試練や修行になってしまわないように注意する必要があります。

課題という手段を、自分の現実に落とし込んで、淡々と取り組んでいく感覚がいいのだ

と私も実感したことがあります。

もし、私もそうかも?!と思った方は、参考になさってみてください♪^^

 

コメント