登校拒否ぎみの子供が「原始らいふ」で何かに気づいたようです

原始らいふ支援所~Love&Peace~の体験へ

先日もご紹介したみどりさんのお仕事の体験を親子でさせていただきました^^

自分の足でスタートラインに立つための支援サービス - 原始らいふ支援所~Love&Peace~
原始らいふ支援所は、家にこもりがちなお子様が、新な人生をスタートするための、生まれ変わるための、きっかけづくりをサポートさせていただく支援サービスです。 自然の中で、ちょっとした原始的な体験をしてみませんか? 自然にある

原始的な体験を通して心の自立のきっかけを作るというもので、

最近、登校拒否ぎみの子供に何か良い気づきが見つかるといいなと思い、

親子で参加させていただきました!

内容を話すと嫌がるかもしれないと思い、大まかな内容は伝えていたのですが

直前に自分の心を見つめて何かに気づけたらという話をしたところ、案の定、

「行きたくない」と言い出しました^^;

そこを何とか説得し、合宿に参加することが出来ました☆

場所は、とある島です。

原始的な体験をする

今回の参加者は、他に大人の方が2名いらっしゃいました。

ボランティアスタッフの方と全員でログハウスで共同生活を行いました。

今回はリハーサルということで、試験的にいろいろとやってみました。

食料調達をする目的もあり、食べられる野草を摘みに行ったり、

原始的な方法での火おこしチャレンジだったり、

海での魚釣りだったり、

全て初めての体験ばかりでした!

もちろん、思うようにいかないこともたくさんあり、

けれど自分で摘んだ野草の味や釣った魚の味は格別でした^^

自然の恵みに感謝することや、日常生活のありがたみを肌で感じることが出来ました。

そして、子供とは距離をとっての合宿でしたので初めは少しどうなることやらと思っていましたが、

距離をとることで客観的に自分の子供の様子を見ることも出来ました^^

合宿中の子供の様子と帰宅後

合宿中、距離を取ることを意識していました。

子供は普段、近所の人とも話しかけられてもあまり話をしないし、

ぼそぼそと小さな声で話すことが多かったのでそんな感じだろうと思っていました。

周りが大人ばかりだったので、最初はおとなしかったのですが、主催者のみどりさんや

ボランティアスタッフの方々に話しかけられているうちに、

思った以上によく喋っているところも目撃して、安心しました。

もちろん、子供にとっても初めての体験ばかりでしたが、

うまくいかないことも含めて楽しんでいるようでした。

今日、合宿から帰ってきたところなので大きく変化したところはまだわかりませんが、

明らかに食べ物に対する感謝や、当たり前と思っていたことが当たり前ではないということに

気づいたように思います。

そして、本人いわく、

「ますます自然が好きになった」とのことでした^^

引きこもりや登校拒否のお子様には、自然と触れ合い、自分の力で生きるための経験、他の人と協力することなど、

とても良い経験が出来る合宿だと感じました!

 

コメント