イジられ続けるのがイヤ!でもそれは願いが叶っているということ?

ブログ

人は自分が作り出す現実に悩む

自分を取り巻く現実社会は、自分が作り出しているんです。

だから、その今が自分にとって「辛い」状況だとしたら、それを変えることが出来るのは自分自身です。

いい意味でも悪い意味でも、常に自分で現実を作り出しています。

あなたの願いは叶い続けているんです。^^;

自分の表層意識、潜在意識、無意識、その他、どれかの意識が作り出した現実が叶っています。

そして、その自分で作り出した現実に悩み苦しんだりすることがあります。

それは、例えば表層と潜在、それぞれの意識の思いにギャップがあるときなどです。

潜在意識の思いは叶っているけれど、それは表層意識にとっては苦しい現実であるということが

よく起こります。

それは、大人でも子供でも同じです。

子どもも大人も心の中をみる方法は同じ

私の古い友人の娘ちゃんがクラスメイトによくからかわれたり、イジられたりすることで悩んでいました。

それを先日、たまたま遊びに行った時に知りました。

例のウイルス問題で学校が休みになって家にいた娘ちゃんに、ちょっと話を聞いてみることにしました。

彼女は小学5年生で、小さい頃から知っているので直球で話をしてみました。

すると、「クラスメイトからよくイジられる、それがイヤ、でも言い返して喧嘩になるのもイヤ」

ということを打ち明けてくれました。

実は、先生に相談したそうで、よくイジってくる子達と話合いをしたりして一旦は落ち着いたの

だそうです。でも、ほとぼりがさめると先生が見ていないところなどでまた同じようなことが

繰り返されるようになったとのことでした。

はっきりイヤだと言うようにしてみたり、頑張ったこともあったようですが変わらないといって

涙ぐんでいました。

いろいろ話を聞いていて、なんとなく感じるところがありました。

だから、誘導しながら彼女に自分の心を見てもらいました。

すると、やはり、心の中に表層意識とは違う思いを持った意識がいました。

その子は、「寂しい。一人になりたくない。」と言っていたようです。

たとえ、それがイジりであっても「かまってほしい」という気持ちが強かったんですね。

そんな気持ちが自分の中にあるなんて夢にも思っていなかった彼女。。^^;

でも、そのことに気づいたことで何かが変わったようでした。

それまで、沈んだ表情をしていたのに、みるみる明るい表情に変わっていきました。^^

子どもは大人よりも変化しやすいので、この変化がどんな現実を生み出すのか楽しみだなと思います♪

もしあなたが辛い状況なら

自分の周りが、自分にとって辛い状況だとしたら、

もし、いろいろ現実的に動いてみても、うまくいかないとしたら、

自分の心の中を見てみる、というのも1つの方法だと思ってください。^^

自分の中に、その状況を作り出している自分の意識がないか、確認してみてください。

ほんのちょっとした気づきで、自分の意識が変化し、現実をガラリと変えることが

出来るんです。試してみてくださいね♪

コメント