彼氏ができない理由は「自分」が知っている

 

彼氏ができない2つの理由

よくあるご質問やご相談の中に、「彼氏ができない」というものがあります。

「彼氏がほしいけど、なかなかできない。どうしたら出来るんでしょう?」

というものです。

彼氏ができない理由は人それぞれですが、大きく分けると2つあるのではないかと思っています。

1つ目は、心の中に「彼氏はいらない又は恋愛をしたくない自分」がいるから、

2つ目は、自分の欲や思い込みが強いから、です。

少しでもわかりやすいように1つずつ説明してみます。^^

 

彼氏はいらない自分、恋愛をしたくない自分

人にはたくさんの意識があって、いろんなことを感じたり考えて生きています。

心の中で思ったことが、意識となって簡単に言うと小さな自分となってそこにいます。

例えば、以前の恋愛で傷ついたりした時に、なかなか次の恋愛が出来なかったりうまくいかなかったりする

ということが起こります。それは、以前の恋愛の心の傷、「また悲しい思いをするんじゃないか」

とか「またうらぎられるんじゃないか」などという不安から「恋愛に消極的な自分」を作ってしまうからです。

つい、数年前なら自分で「あ、もしかしたら前の恋愛の後遺症かな。。」と気づくこともあるでしょうが、

この小さい自分は、今世で生まれたものとは限りません。

前世や過去世での出来事の意識をずっと引き継いできていることもあります。

口では「彼氏が欲しい」と言う割に、出会いのありそうな場に出かけるとか友達に紹介してもらうとかのような

積極的な行動になかなか出ない人も、この理由があるのではないかと思います。

自分では「彼氏がほしい」と思っているつもりでも、というか表の意識ではそう思っていても、

心の中では「恋愛はしたくない」と思っている自分がいることがあるのです。

その場合は、そういう自分がいて恋愛にすすめない原因になっていることを知る必要があります。

 

欲や思い込みが強いこと

もう1つの理由について、これは私の例を紹介してみたいと思います。

 

私は、高校生になったら「彼氏」と一緒に下校するものだと思っていましたw

そういうのに憧れていたのですが、現実は、チーン・・・

高校3年間、短期大学の2年間、そして就職してからも彼氏は出来ませんでした^^;

当時は、なぜ出来ないのか?全くわかりませんでした。

ていうか、逆にどうやったら出来るの??と思っていました。

「あたし、このまま腐っていくのかな・・・」って真剣に悩んでいました。

私の場合は、ですが、、結局は「本当に好きじゃないと付き合ってはいけない」

という固定観念があったことが大きな原因でした。

そんなつもりは全くなかったのですが、好き=結婚=ずっと一緒にいれる人、という図式が出来上がっていて、

つまり、そもそも結婚してもいいと思う人としか付き合えない、と思っている自分がいたんですね。。

そして、短大以降になると、+欲がどんどん増えていって、こんな人がいいなという理想像が膨れ上がっていったんですよね。

つまり、「思い込み+欲」という最強のタッグ・・でした^^;

 

こういう場合は、思い込みをはずしていくことが必要だと思います。

そして自分の「欲」の部分にも光を当てて「知る」ことが大切です。

思いが強い人は無意識に自分の世界を作り続けループする
自分の世界の中で生きている人たち ここで言う「自分の世界の中で生きている人」というのは、 自分に都合のよい思考や思いをベースに作った世界で生きている人のことです。 あ、そうそう先日も触れましたが、昔の私もそうでしたw ...

天界の目線はシンプル

実際は、上にあげた2つが絡み合っていたり、ほかの要因もあったりと複雑なことが多いのですが、

天界からみると、それはとてもシンプルなものです。

光か闇か、

白か黒か、

自分軸か他人軸か、

希望か期待か、

どれでも選べるよ?

ということなんですね。^^

 

天界の目線で恋愛できたら、それはとても楽で楽しいものになるのかな?と思います^^

【4月限定コラボ企画】恋愛相談×メタさんのパワーストーン
恋愛相談+長期サポートの石(音心のリーディング付き) Hello, April! 4月ですね♪ 春ですね♪ 新年度ですね♪ "不安”のエネルギーに負けない強い心を育てましょう^^ さて、今月の限定企画は、メタさんと...

コメント