思いが強い人は無意識に自分の世界を作り続けループする

自分の世界の中で生きている人たち

ここで言う「自分の世界の中で生きている人」というのは、

自分に都合のよい思考や思いをベースに作った世界で生きている人のことです。

あ、そうそう先日も触れましたが、昔の私もそうでしたw

心が強くなると、自由な自分が見つかる
心の弱さと意志の弱さは別のものです 「心が弱い」と聞くと、なんとなく「決断できない」とか「すぐに諦めてしまう」とか そのようなことを思い浮かべるのではないでしょうか? 私たちが言う、心の弱さとはそういった意志の弱さ...

 

「〜になりたい」「〜になってほしいな」など、こうなりたい、こうなってほしい、

と未来に向けて思いをはせていました。^^;

その思いが強い人は、無意識にその思いの世界を作り出してしまいます

その中にいて、自分の願いを叶えようとします。

でもそれは現実世界ではなく、自分の勝手な思いから作り上げている世界。。

たとえ叶えたと思ってもそれでは満たされず、また新たな世界を作りだします。

それは人の欲望がベースとなって作り出された世界。だから、キリがないのです

つまり、自分の欲に気づかない限り、いつまでもそのループから抜け出せません。

そんな世界の中で生きている人は、基本的に自分は正しいと思っています。

うまくいかないことがあると、それに対して理由を付けます。

これこれこうだからこうなったんだ、でも世の中がそういうものだから、

あの人がそういう人だから仕方ないよね、などと世間や他人のせいにして自分を肯定します。

私がよくこれは違いますよって言っている「間違ったアファメーション」の一例ですね。^^;

心の奥の闇の部分、弱さの部分は、次々に欲望を生み出しては自分の世界で欲を叶えて快感を得ています。

現実がうまくいっていなくても、その「うまくいかない方が楽」という欲を叶えていたりします。

 

思い込みの世界から抜け出すには

その強い思い込みの世界の中にいては、いつまで経っても本当の自由や豊かさは手に入りません

では、どうすればその世界から抜け出せるのでしょうか?

まずは、自分が強い思い込み、強い願望のようなものがあるということに気づくことです。

そして、何よりも大切なのは、「その世界から抜け出したい!」と心から思うことです。

人の意思の力はとても大きなパワーがあります

思い込みではなく、「意思」を持つことでフェイク世界を壊すことが出来ます

けれど、本気でその自分に都合のよい、気持ちがいい世界から抜け出したい!と思えなければ、

変化することは出来ません。

つまり、自分次第ということなんです。

その世界の中では、本当の幸せや豊かさを手に入れることは出来ません。

自分がどう生きるかは選べるので、どの世界で生きていくかも選べます

どんな人生を送るかも、すべて自分で選べるんです。

抜け出すためには「変化して、より良い人生を送りたい!」という強い意思が必要なのです。

 

力強い思いは光の行動のために使う

思いが強い人は、自分の「~なればいいな」という思考に気を付けなければいけないと思います。

その思いのベースが本当に自分都合のものではないか、ということを自問自答してみたり、

それがよくわからない人は、強く思うこと自体を注意するように意識したほうがいいかもしれません。

人の思いは無意識にいろいろなところへ飛んで行っています。

そこで知らず知らずのうちに何かしらの影響を与えたりします。

生霊などもそういったものの一種だと私は思います。(無意識的、意識的問わず)

心の状態が自分の欲に傾いていたり、弱さや不安が大きい状態で強い思いを発揮すると、

変な世界を作り出してしまったり、他人によくない影響を与えてしまったりしてしまうことがあります。

光の行動、例えば、本当に心から他の人の事を思う言葉や行動と一緒に、思いの強さを活かしていくことができるのではないかと思います。^^

残念なことに、今現在はよくない心の状態で強い思いを発している人が多くいるように思います。

以前の私のような人に、そのことに気づいてもらったり、弱い心が作り出した世界から抜け出て、

心を強く、自由に生きる人生を知ってもらえたらと思います♪

 

コメント